中国人との「関係」のつくりかた スマホ パソコン 電子書籍 お得


中国人との「関係」のつくりかたブックライブ無料試し読み&購入


なぜ、日本製品は中国で大人気なのに、日本企業は十分に成功していないのか?なぜ、中国ではコネがまかり通るのか?なぜ、中国では契約や法律が当てにならないのか?日本人の義理と中国人の義理はどこが同じでどこが違うか?ビジネス等で中国人と交流を持つ人々で、「いったい全体、なぜそうなるんだ?」「どうして、そうなんだ?」と、相手の考え方や行動に理解不能なものを感じる人は多いだろう。戦後、奇跡的な復興を遂げ、1980年には競争力ランキングで世界一に躍り出た日本経済は、欧米にとって摩訶不思議な存在であり、当時の米国経営学会は、徹底的にその競争力源泉とメカニズムの解明にあたった。その結果生まれた「ケイレツ」「カイゼン」という語は、世界中で日本経済を説明する学術用語として定着している。それから30年。中国のGDPは日本を超えた。今度は中国経済の鍵を解明する動きが活発化し、「ケイレツ」に匹敵するものとして注目を浴びているのが華人社会の「グワンシ」という概念なのだ。中国人のなかに自然に根付いている二つの行動原理がある。一つが、孫子の兵法。もう一つが「グワンシ」だ。漢字で書けば「関係」。文字通り、中国人の人間関係のつくり方の原理なのである。兵法は相手を突き放すベクトル、グワンシは相手を内側へ取り込もうとするベクトルだといえる。この二つの行動原理が、相手によって使い分けられる。兵法は「外人」と呼ばれるアウトサイダー、部外者に対するときの行動原理で、グワンシのほうは「自己人」と呼ばれるインサイダー、つまり内輪・身内に対するときの行動原理なのだ。組織を重んじる日本的ビジネス形態とその背後の価値観からは、「グワンシ」は理解しがたい概念だが、かつて「ケイレツ」は米国にとって理解しがたい概念だった。自由、公正、平等を標榜する欧米型市場主義社会にとって、このような排他的関係性社会は容認できるものではなかったからだ。そして、その「排他的関係性社会」がいま台頭する中国にもある。それが「グワンシ」なのだ。日本では関係性が組織を軸に構築されるが、中国では個人を軸に構築される。違いはそれだけだ。排他的なのは共通なのだ。「グワンシ」は、視点を変えれば日本人には理解できない概念ではない。ここに気づけば、難しいと思われる中国ビジネスも楽になるのではないだろうか。
続きはコチラから・・・



中国人との「関係」のつくりかた無料はコチラから♪
↓↓↓↓↓↓


表紙クリック詳細♪


中国人との「関係」のつくりかた「公式」はコチラから



中国人との「関係」のつくりかた


>>>中国人との「関係」のつくりかたの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)評判


中国人との「関係」のつくりかた、書籍、雑誌、写真集など幅広いジャンルの本を取り扱っている電子書籍ストアが「BookLive!」です。
中国人との「関係」のつくりかたを始めとする約300,000作品、約600,000冊の本を読むことができます。
ウェブブラウザを始めとして、iPhone、iPad、Android、Windows PC用の無料アプリも用意されていて、あらゆる環境で中国人との「関係」のつくりかたを楽しむことができます。
紙の本よりも安い価格で中国人との「関係」のつくりかたの購入もすることができます。
30%OFFセール、半額セールを始めとして、期間限定で中国人との「関係」のつくりかたが安く買えるクーポンなど、様々なお得なキャンペーンが定期的に開かれます。
ポイントが「Tポイント」でつくので、中国人との「関係」のつくりかた以外にも使えて非常に便利です。


BookLive!(ブックライブ)あるある1


無料漫画については、本屋での立ち読みと同じだと言って間違いありません。ストーリーの中身を適度に確認した上で買えますので、ユーザーも安心だと思います。
漫画や書籍を購入する際には、ページをめくって確かめてから決断する人が圧倒的です。無料コミックなら、立ち読みのように中身を確認するのも容易なのです。
「スマホの小さな画面だと文字が小さいのでは?」と心配する人もいるようですが、現実の上でBookLive「中国人との「関係」のつくりかた」をDLしスマホで閲覧してみれば、その機能性に驚愕するはずです。
新しいものが出る度に書店で買い求めるのは骨が折れます。ですが、大人買いは内容が大したことなかった時の費用的・心理的ダメージが甚大です。BookLive「中国人との「関係」のつくりかた」なら一冊一冊買えるので、その辺の心配が不要です。
BookLive「中国人との「関係」のつくりかた」を楽しみたいなら、スマホが重宝します。重いパソコンは持ち運ぶなんてことはできませんし、タブレットも混み合った電車内などで閲覧するというような時には適していないからです。



BookLive!(ブックライブ)あるある2


「電子書籍に抵抗感を持っている」というビブリオマニアも間違いなくいますが、一度でもスマホを活用して電子書籍を読めば、持ち運びの便利さや決済の簡便さから繰り返し購入する人が大半だそうです。
読み放題サービスというのは、電子書籍業界にとっては間違いなく革命的とも言える取り組みなのです。利用者にとっても出版社や作家さんにとってもプラスの面が多いと言えるでしょう。
あえて電子書籍で購入するという人が着実に増えています。携行するなんてこともなくなりますし、収納場所を考える必要もないというのが要因です。更に無料コミックも用意されているので、試し読みもできます。
電子書籍ビジネスには沢山の会社が参入してきているので、きちんと比較してから「どの電子書籍を選択するのか?」を決定するようにしたいものです。取扱い書籍の数量やコンテンツ、価格などを検証することが不可欠です。
「連載という形で販売されている漫画を読みたいんだ」と言われる方には必要ないでしょう。だけど単行本になってから買うようにしていると言う人にとっては、購入に先立って無料漫画で中身をウォッチできるのは、購入判断の助けになるはずです。





中国人との「関係」のつくりかたの詳細
                   
作品名 中国人との「関係」のつくりかた
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
中国人との「関係」のつくりかたジャンル 本・雑誌・コミック
中国人との「関係」のつくりかた詳細 中国人との「関係」のつくりかた(コチラクリック)
中国人との「関係」のつくりかた価格(税込) 864円
獲得Tポイント 中国人との「関係」のつくりかた(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)